MENU

血管壁とは?厚さや構造について

血管壁 構造 画像

血液を運ぶ血管は動脈、静脈、毛細血管の3種類に
分けられます。

 

血管は管上の血管壁に囲われていて、
血管の種類によって構造が異なります。

 

動脈と静脈の血管壁は内膜、中膜、外膜の3層の膜から、
細い毛細血管は内膜のみで構成されています。

 

3種類の血管の構造に違いに注目しながら
血管壁の構造についてご説明します。

 

 

動脈の構造

 

外膜

 

外膜とは動脈と静脈を覆う一番外側の層を指します。

 

外膜は繊維性の結合組織で構成されています。
血管を保護する役割を持っています。

 

中膜

 

内膜と外膜の間の層にあるのが中膜で、
平滑筋とない弾性板で構成されています。

 

平滑筋とは自分の意思とは関係なく動く筋肉のことで、
平滑筋の働きで血管は収縮と拡張を行っています。

 

弾性板

 

動脈は中膜を挟むように、弾性板という膜があります。

 

内膜に含まれるのが内弾性板、
中膜に含まれるのが外弾性板です。

 

その名前の通り、変形したものが元の形に戻ろうとする
弾性に優れた組織です。

 

動脈は、心臓から押し出された血液(動脈血)が直接流れ込む血管で、
圧力の変化が大きいので、それに耐えられるように
弾性がある構造になっています。

 

動脈に血液を押し出す心臓の働きと
血液が流れ込み広がった血管が元に戻る働きが
動脈内の血流を作っています。

 

内膜

 

血管の一番内側の層が内膜です。

 

動脈の内膜は基底膜、内皮細胞、内弾性板で構成されています。

 

血液の流れをスムーズにするため、内側が非常に滑らかです。

 

 

静脈の構造

 

外膜

 

動脈と同じように血管の外側は外膜で覆われていますが、
かかる圧力が低いため動脈と比べて外膜が薄くなっています

 

太い静脈の外膜は、縦方向に走る縦走筋を
多く含んでいる部分が多くなっています。

 

中膜

 

静脈の中膜の平滑筋の厚みは、動脈よりも薄くなっています

 

また、中膜を挟む弾性板は静脈にはありません。

 

静脈は肺静脈を除き心臓に戻る血液(静脈血)を運ぶ血管なので、
動脈に比べてかかる圧力が低いからです。

 

心臓からの距離も遠く弾性に欠くため、
静脈は血液を積極的に流す力がありません。

 

心臓が血液を送る力だけでなく、筋肉の収縮による圧力や、
呼吸による横隔膜の移動で起こる胸腔内の圧力の変化などの力で
心臓に戻る血液の流れを作っています。

 

内膜

 

静脈の内膜も基底膜と内皮細胞から構成されています。

 

血流が緩やかな静脈では、血液の逆流を防ぐための
内膜の内側に静脈弁があります。

 

重力の影響で血液が心臓に戻りにくい脚の静脈は
静脈弁が発達しています。

 

 

毛細血管の構造

 

毛細血管は動脈と静脈を繋いでいる非常に細い血管です。
構造は一層の内皮細胞と基底膜のみです。

 

毛細血管には細かい孔がたくさんあります。

 

その穴を通して血液から細胞に酸素や栄養を送り、
二酸化酸素や老廃物を受け取っています。

 

このような物質の交換を行う役割をスムーズに行うため、
毛細血管の血管壁は非常に薄い構造を取っています。

 

 

血管壁の構造まとめ

 

動脈は血管にかかる圧力が大きいため、
血管壁は厚みがあり丈夫な構造になっています。

 

動脈に対して静脈の血管壁は薄く弾性の無い構造になっています。
血流が逆流しないよう、静脈弁があるのが特徴です。

 

毛細血管は栄養などの物質の受け渡しをする血管で、
血管壁の構造は非常に薄くなっています。

 

 

血管壁 サプリ ランキング

関連ページ

血管壁を修復するのに必要なものは?
傷ついた血管壁を修復する作用を持つ成分をご紹介します。日常生活に意識して取り入れましょう。
血管壁が硬くなり弾性を失うとどうなるのか?
血管壁が硬くなると、健康上どのような悪影響が生じるのかをご説明します。
血管壁を強くする方法は?
健康維持には、血管壁を強く保つことが欠かせません。それにはどのような方法が有効なのか、食事面や運動面からご紹介します。
血管壁を強くする食べ物
血管壁を強くする成分を含む食材をご紹介します。普段の食事で積極的に摂取しましょう。