MENU

血管壁を強くする方法は?

血管壁 強くする 方法 画像

血管壁を強くする為には、どうすればよいのでしょうか?

 

血流改善に効果がある食事や運動などが効果的です。

 

血管壁を強くするのに効果的な方法をいくつか
紹介します。

 

 

運動

 

ウォーキングで血管壁を強くする

血管壁 強くする 方法 画像

 

血管壁を強くするには、血流を良くするのが効果的です。
血流が良くなることで血管壁の細胞が刺激されます。

 

その刺激により細胞が活性化されて強くなるのです。

 

 

また、運動をすることで血糖値や中性脂肪、
悪玉コレステロールの減少などの効果があります。

 

ドロドロの血液は血管壁の内側との摩擦が増えて
小さな傷を作りやすくなります。

 

運動によりそのリスクを下げることができます。

 

 

血管壁を強くするのに効果的な運動のひとつが
適度な有酸素運動です。

 

ウォーキングは血流アップにも脂肪燃焼にも効果的です。

 

さらに、身体に良い働きをする善玉コレステロールを増やすのにも、
ウォーキングなどの有酸素運動が良いとされています。

 

無理に長い距離を歩く必要はなく、1日30分ほどの運動を
週に4回以上
行うのを目標にしましょう。

 

 

また、最近の研究では血栓を溶かす働きがあるt-PAという成分が、
運動することで増えることが分かっています。

 

血管壁の内側で作られる成分です。

 

血液中では小さな血栓や血栓の元が常に作られています。

 

運動することで余分な血栓を溶かす効果が促されているのです。

 

ストレッチ

血管壁 強くする 方法 画像

 

縦方向にストレッチすると血管壁が軟らかくなります。

 

そこで両手を上にあげて身体を横に倒すストレッチなどが、
血管壁の柔軟性を高めるのに効果的です。

 

さらにストレッチをすることで血行も良くなるので、
血管壁に良い栄養を与えることができます。

 

 

食事

 

普段の食事からも血管壁を強くすることが可能です。

 

血管の修復効果があるものや、血行促進効果がある食べ物を
積極的に摂りいれることで血管壁を強くすることができます。

 

血管壁を強くする効果がある食べ物をいくつか紹介します。

 

青魚

血管壁 強くする 方法 画像

 

青魚にはDHAやEPAが含まれます。
オメガ3系脂肪酸と呼ばれ体内では合成できないものです。

 

DHAやEPAにはコレステロールや中性脂肪を減らし
血液がドロドロになるのを予防する効果があります。

 

また、EPAには血栓が作られるのを予防する働きも。

 

さらに、血管壁や赤血球の細胞膜を軟らかくする作用もあります。

 

血流を良くして血管壁が傷付くのを予防し、
血管壁そのものの柔軟性も高めて強くする成分です。

 

納豆

血管壁 強くする 方法 画像

 

納豆にはネバネバにナットウキナーゼという
タンパク質を分解する酵素が含まれています。

 

血栓を溶かし、血流アップ効果がある健康成分です。

 

納豆を夜に食べると血栓予防になります。

 

玉ねぎ

血管壁 強くする 方法 画像

 

玉ねぎにはポリフェノールのケルセチンが含まれています。

 

抗酸化作用に優れているため、血管壁の老化予防になります。

 

さらに、プラークの原因となる悪玉コレステロールの
酸化を予防することでも血管壁を健康に保つ成分です。

 

トマト

血管壁 強くする 方法 画像

 

トマトには抗酸化作用に優れたリコピンが含まれます。

 

リコピンは善玉コレステロールを増やす働きや、
抗酸化作用で血管壁の健康に良い成分です。

 

 

血管壁 サプリ ランキング

関連ページ

血管壁とは?厚さや構造について
そもそも、血管壁とは何なのでしょうか?まずはその構造をご説明しています。
血管壁を修復するのに必要なものは?
傷ついた血管壁を修復する作用を持つ成分をご紹介します。日常生活に意識して取り入れましょう。
血管壁が硬くなり弾性を失うとどうなるのか?
血管壁が硬くなると、健康上どのような悪影響が生じるのかをご説明します。
血管壁を強くする食べ物
血管壁を強くする成分を含む食材をご紹介します。普段の食事で積極的に摂取しましょう。